台湾人のアートジュエリー作家による
日々のことや活動の記録を
ざっくばらんにつづる日記です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

そこに息づくモノ
久しぶりのアップですー汗
そして展示会のお誘いですー笑

海を越えてDMが無事に届きました(ホッ)
DMを送ってほしい方はぜひご一報を!

”そこに息づくモノ” 
11・5(木)〜22(日)
12:00〜18:00 期間中(月.火.水)定休日

それぞれ目の前に立ち現れた
もの、かたち、存在
日本と台湾
四人の作品が巡り合って
一つの風景になりました

池上夏生(絵画)
林怡芬 (彫刻)
張麗真 (編みものオブジェ)
横田ジェニー(オブジェジュエリー)

家ieさんでの展示は2011年の個展以来です。
今回は台湾のアーティスト林怡芬さんと張麗真さん
そして私の大好きな池上夏生さんも招いて
四人の日本+台湾グループ展になります。

身の回りに広がる物事やそこに潜む心底の小さな小さな宇宙が
見る手の心の何かに触れたらいいなと思っています。

家ie gallery/space/cafe
大阪府池田市菅原町9−11
http://muku-muku.jugem.jp

宇宙にはpoetが漂っている

"We are born to fullfil our dreams,
We are not born to be in pain"
人間は夢を追うために生まれて来たんだ、
苦痛を味わうためじゃない

台湾でドイツ人の芸術家Franz Bette先生のワークショップへ行ってきました。
こんな先生はもうどこにもいないだろうと思うくらい感動的な経験でした。
先生の言葉にはいつも大きいな愛があります。













 
さて、


冬の間、体をたっぷり労ってました。

体の調子に合わせてその日のリズムを取ります。
作業場に足を運ばない日も結構続きましたけど、
焦らない気持ちを養うために
自分とゆっくり付き合ってみました。

当たり前のことですけど、
忘れそうになってました。

遅い春の気配ですが、芽生えて来る予感。
 
universe of one's own

向き合う時間
何に、誰に、何のために
一人でいる時に切に思う

距離はいろんな要素を生み出す

風を吹いてみたり
水に乗せて流してみたり
光を送り込んだり
宇宙はそうやって包み込む
すべての孤独を


やがて飲み込んだ涙は花を咲かす
宇宙はそうやってそばにいてくれる

小さな小さなビジョンと共に
すべての愛と力を捧げる


 
equally, as love weights
















 
新車を買いましたーーそして解凍中







 
wind telling













 
母の日、晴れ









 
終わりには始まりがある

大好きなカフェHanare,
明日23日を持って休業することになります。
本当に、残念で残念で、涙が出ます。

Hanareは日本に来てからいろんな思い出が詰まってる
私にとって特別な場所です。
大好きな友人たちがいて、
初めての作品展に
楽しい音楽を楽しんだ夜、
雨の日に寒い日に、Hanareに行こうっかとかの
そんなそんなHanareです。

現実逃避でずっとここで書けなかったです。
早めに書ければもっとみんなさんにお知らせが出来て、
休業する前に行ってもらえたのに、と思いつつ、
あ〜ぜんぜん器用じゃないですね。ごめんなさい。

終わりは始まり。
たくさんのありがとうを込めて、
そしておつかれさま、
Hanareのスタッフの皆さんに送りたいです。


 
疲労回復にいいんだってよー!
 
最近山芋にはまっていますー
というのも、ちょっと体型が気になってきて、
でもやせたいというよりも
ちょうどいい感じの大人のBODYを目指したいな!なんてねー

この作家さんが作った黒い陶プレートは
実は直火で使えるすごいプレートです。
美味しく焼けてそのまま食卓へ!
しばらく置いても温かい、
それに山芋がもちもちで美味しかった。

春が来る前に体のいたわりに〜